実りの秋...映える「伊達政宗と愛姫」 三春で田んぼアート見頃

 
見頃を迎えている伊達政宗などを描いた田んぼアート=4日、三春町上舞木

 三春町上舞木のファームパークいわえで、田んぼアートが見頃を迎え、山あいの風景を彩っている。今年は伊達政宗や、三春出身で政宗の正室愛姫(めごひめ)などが田んぼに描かれており、多くの人が足を運んでいる。

 田んぼアートは、住民有志が遊休農地の有効活用や地域おこしを目的に毎年実施している。今年のデザインは田村高の生徒が手がけ、「三春らしさ」を表現した。

 近くには見晴らし台が設置されており、実りだした稲穂により黄色みがかった秋の田んぼアートを自由に楽しむことができる。