強盗・強制性交容疑で男を再逮捕 福島のアパートに押し入る

 

 福島県福島市清水町のアパートで7月に起きた強盗事件で、住人の20代女性から現金を奪い、わいせつな行為をしたとして、福島署は5日午前10時15分ごろ、強盗・強制性交等の疑いで川俣町字壁沢、無職の男(48)=盗みの疑いで逮捕=を再逮捕した。

 再逮捕容疑は7月18日午前0時ごろ、20代女性が住むアパートの一室に玄関から押し入り、女性に刃物を突き付けて「金を出せ」などと脅して現金4万7千円を奪い、わいせつな行為をした疑い。

 同署によると、女性は男と面識がなく、聞き込みや防犯カメラの映像を解析するなどして男を特定した。男は容疑を否認しているという。

 男は8月16日、福島市のパチンコ店で、男性が遊技中のパチンコ台からICコイン(残高1万円)を盗んだ疑いで逮捕されていた。同署は県警捜査1課と捜査した。