「全国一律と同時期に」 コロナ全数把握簡略化で内堀福島県知事

 

 福島県の内堀雅雄知事は5日の定例記者会見で、新型コロナウイルス感染者の全数把握の簡略化を巡り、原則的に全国一律での運用見直しと同じ時期に対応する考えを明らかにした。県内の感染症状にある程度減少傾向が見られることを踏まえた。

 全数把握の簡略化を巡っては、政府が全国一律での変更を予定しており、内堀知事は「政府が全国一律で(運用の)見直しを行っているところに、県としても同時に参画していくというのが基本だ」との認識を示した。

 内堀知事は「県民や医療機関、保健所への混乱を最小限に抑えるため、医師会など関係機関との調整を踏まえ、判断していく必要がある」と指摘。ただ「感染状況が(悪化へと)反転したり、医師会や関係者から強く(要望)ということがあれば別だ」と述べた。