心を癒やす車窓の景色 只見線試乗会、地元住民やファン注目

 

 JR只見線は只見川に沿うように線路が続く。深い緑色の森林、悠久の時を感じさせる河川など、車窓から見える風景は心を癒やしてくれる。6日の試乗会で使われた車両は、10月1、2の両日のイベント列車で使用されるもので、「DE10」(デーイートオ)と呼ばれる機関車が旧型客車3両を引っ張る。奥会津を縫うように走る車両は地元住民や鉄道ファンの注目を集めた。



第8只見川橋梁付近の只見川列車から見える第8只見川橋梁付近の只見川

第7只見川橋梁を走る列車復旧した第7只見川橋梁を走る列車

旧型客車の内部試乗会に使用された旧型客車の内部