卓球上達への道 金メダリスト・水谷さんが指導、郡山でイベント

 
笑顔で参加者と対戦する水谷さん(右)

 東京五輪卓球混合ダブルス金メダリストの水谷隼さん(33)は7日、郡山市の安積総合学習センターで小中学生らを対象にした卓球イベントに登場し、卓球の魅力や上達のこつを伝授した。

 市卓球協会の主催。五輪メダリストとの交流を通して、技術力向上や夢を持つことの大切さを学ぶ機会にしてほしいと企画した。協会に登録する小中学生ら約300人が参加した。

 イベントには水谷さんと平野友樹さん(協和キリン)が登場。実演を交えながら、ドライブを打つポイントやネットミスを防ぐこつなどを紹介した。参加者との質疑応答も行われ、卓球選手として強くなるために必要な技術などを説明した。

 水谷さんとのチャレンジマッチも行われ、メダリストの高い技術力で会場を沸かせた。水谷さんと対戦した郡山女子大付高2年の西牧優衣さん(16)は「貴重な経験になり、とてもうれしい。教えてもらったことを今後の試合に生かしたい」と話した。

 水谷さんは「楽しませてもらった。現役時代を思い出し、卓球が好きだなと感じることができた」と参加者に感謝した。イベントの様子は今後、卓球用品メーカータマスの公式ホームページで配信する予定。