「電子処方箋」須賀川で10月末導入 紙は不要、スマホでも調剤

 

 厚生労働省は10月末から、須賀川市の公立岩瀬病院を中心とした「須賀川地域」で、電子化された処方箋「電子処方箋」を先行導入するモデル事業を始める。電子処方箋では、紙でやりとりされている薬の処方歴などを電子データにしてオンラインで管理する。患者はスマートフォンのアプリなどを使えば、紙の処方箋を薬局に持参せずに薬の処方を受けられるようになり、利便性が高まりそうだ。

 マイナンバーカードか、健康保険証を持っている患者が対象で、紙から電子処方箋への切り替えは任意で選択できる。電子処方箋を希望する場合、患者は管理サービスに本人確認をすれば、アプリなどで処方箋の情報を閲覧できる。

 医療機関や薬局は患者の服薬情報を即時に共有できるため、過去に処方、調剤された薬を確認しやすくなり、事務の効率化につながる。管理サービスには投薬の重複などを通知する機能があり、誤った処方を防ぐ効果も期待できるという。

 モデル事業は1年間行われ、須賀川地域では公立岩瀬病院とさくら薬局須賀川北町店が開始当初から参加し、複数の薬局が順次加わる見込みだ。住民説明会が10月に開かれる予定。

 システムは来年1月から全国で運用が始まる見通しだ。須賀川地域でいち早く利用してもらうことで、本格導入に向けた課題や活用策を検証する狙いがある。

 厚労省は、医療機関と薬局の態勢や地域バランス、人口規模などを考慮し、須賀川地域など全国4地域をモデルに選んだ。担当者は「処方箋を電子化することで管理しやすくなり、重複などのリスクも減る。本格導入に向けた最終試験として事例を収集したい」としている。