河川敷で作業員の67歳男性転落死 会津美里、斜面から重機ごと

 

 9日午後5時15分ごろ、会津美里町藤家舘字領家の藤川河川敷で「男性が作業中に転落したようだ」と近くで作業をしていた同僚から119番通報があった。会津若松署によると、転落したのは須賀川市山寺町、土木作業員の男性(67)で、会津若松市の病院に搬送されたが、頭部外傷のため死亡した。同署会津美里分庁舎によると、男性は1人で作業中、斜面から重機ごと転落したとみられる。同分庁舎が労災事故として原因を調べている。