日本一の水面照らす満月 福島でも「中秋の名月」輝く

 
県都の上空に浮かぶ中秋の名月。手前は12年連続で水質日本一の荒川=10日午後6時45分、福島市(多重露光で永山能久撮影)

 旧暦の8月15日に当たる10日、「中秋の名月」が夜空に浮かんだ。昨年に引き続き、今年も満月となった。福島地方気象台によると、10日夜の県内は高気圧に覆われて晴れ、遅くにかけて雲が出たものの、名月を見られた地域が多かった。

 福島市では同日午後6時25分ごろ、東の山並みから顔を出した月が幻想的な光で市街地を照らした。月が昇ると、12年連続で水質日本一となった荒川の水面(みなも)は月明かりで柔らかな輝きを放っていた。