スーパーカーが高速道パトロール 19日に福島県警、交通安全啓発

 
秋の全国交通安全運動でパトカーとの合同パトロールが予定されているフェラーリカリフォルニア(県警提供)

 21~30日の秋の全国交通安全運動に合わせ、福島県警高速隊は19日、高速道路での速度抑止や交通事故防止に向け、東北道安達太良サービスエリア(SA)上り線でキャンペーンを展開し、フェラーリなどのスーパーカーとパトカーによる合同パトロールを繰り広げる。

 フェラーリカリフォルニアやフェラーリ599、メルセデスベンツAMG―GTなどを同SAに展示し、19日午前11時から隊員らが広報啓発活動に取り組む。同11時45分ごろから合同パトロールに繰り出し、パトカーを先頭にスーパーカーなど計7台が同SAから郡山インターチェンジ(IC)間を走行する。

 県警は本県初のモータースポーツチーム「TEAM Fukushima(チーム福島)」で監督・レーサーを務める鈴木宏和さんを一日高速隊長に委嘱する。

 荒天時は25日に延期する。