「空飛ぶクルマ」お披露目 南相馬でロボテスEXPO、16日まで

 
公開された空飛ぶクルマの「Mk-5」=15日午前、南相馬市・福島ロボットテストフィールド

 福島イノベーション・コースト構想推進機構は15日、南相馬市の福島ロボットテストフィールドで、ドローンやロボットの実演展示会「ロボテスEXPO」を開き、同施設で研究開発する企業が「空飛ぶクルマ」などを公開した。

 空飛ぶクルマを公開したのはテトラ・アビエーション(東京都)。本県で初めて実機の「Mk―5(マークファイブ)」をお披露目し、来場者が将来の移動手段として期待される空飛ぶクルマの可能性に触れた。

 ロボテスEXPOは16日も開かれる。入場無料で時間は午前10時~午後5時。