郡山の高1男子、自宅で刺される 大学生の兄、飛び降り自殺か

 

 16日午後6時ごろ、郡山市赤木町で「息子が包丁で刺された」と母親から119番通報があった。救急隊員らが母親の住むマンションに駆け付けたところ、高校1年の男子生徒(15)が、刃物のようなもので背中など十数カ所を切りつけられていた。郡山地方消防本部によると、男子生徒は市内の病院に搬送されたが、命に別条はないという。郡山署は殺人未遂事件とみて捜査している。

 同署などによると、男子生徒は両親と大学生の兄(20)との4人暮らしという。事件当時、自宅に両親は不在だったが、「兄に刺された」などと電話で助けを求められた母親が自宅に戻って通報した。

 母親が戻った時、兄はいなかったが、間もなく自宅から500メートルほど離れたマンションの駐車場で倒れている状態で発見され、死亡が確認された。兄はマンションから飛び降り自殺を図った可能性があり、同署が詳しく調べている。