福島県内、警報級大雨か 台風14号、10市町村が自主避難所開設

 

 大型の台風14号は19日、九州を北上し、西日本を暴風域に巻き込みながら本州付近を進んだ。20日にかけて日本列島を縦断し、影響が広い範囲で続く見込みで、東海では線状降水帯発生の恐れもある。気象庁は暴風や高波、大雨への厳重な警戒を呼びかけた。

 福島地方気象台によると、県内には20日明け方から昼前にかけて最接近し、警報級の大雨になる可能性もある。20日正午までに予想される24時間降水量は多いところで120ミリ。1時間当たりの降水量は多いところで40ミリ。予想される最大風速(最大瞬間風速)は海上で25メートル(35メートル)、浜通り、中通り、会津各地方は20メートル(35メートル)で、警報級となる見込み。波の高さは6メートル。

 同気象台の高橋浩二観測予報管理官は「広い範囲で激しい雨が降る。最新情報を確認して早めの対策を」と注意を呼びかけた。

 県によると、19日午後9時までに福島、郡山、いわき、白河、須賀川、喜多方、二本松、伊達、桑折、天栄の10市町村が計63カ所に自主避難所を開設し、13世帯15人が避難した。