台風14号、浜通りで大雨 いわき・山田139.5ミリ、各地で強風も

 
駐輪場では風の影響で、所々自転車が倒れていた=20日午前7時20分ごろ、福島市

 台風14号は20日、日本海から新潟市付近に再上陸後、東北を横断した。その後、太平洋へ抜けて温帯低気圧に変わった。東日本や北日本では激しい雨が降ったところもあり、気象庁は引き続き土砂災害などに警戒を呼びかけた。

 福島地方気象台によると、台風14号の中心付近は本県を通過せず、20日午前9時ごろ、日本の東で温帯低気圧に変わった。温帯低気圧や前線などの影響で県内の一部では大雨となり、気象台はいわき市に土砂災害警戒情報を出した。

 18日午前4時の降り始めから20日午後4時までの降水量は、いわき市山田町で139.5ミリ、いわき市平で99.0ミリ、広野町で80.0ミリ、いわき市小名浜で76.0ミリ、天栄村湯本で75.5ミリ。19日午前0時から20日午前11時までの最大瞬間風速は白河市で22.2メートル、飯舘村で22.1メートル、いわき市小名浜で21.3メートル、福島市で19.8メートルだった。21日午後6時までに予想される24時間降水量は、多い所で20~30ミリ。

 県によると、20日午前0時現在で12市町村に避難所が開設され、38世帯53人が避難した。

 また猪苗代町で緑小玄関昇降口に掲げられている校章が落下したほか、冠水や倒木の影響で、いわき市錦町、大玉村玉井などの道路の一部区間が一時通行止めとなったが、20日正午までに解除となった。

 県内の鉄道や高速道などはJR東北線の一部区間で木の枝が架線に絡まるなどして停電したため、運休や遅れが生じたものの、大きな交通の乱れはなかった。