県内の果物盗難8件 県北中心、被害額は前年比増 県警まとめ

 

 県警が20日まとめた今年1~8月末の果樹園での果物盗難被害認知状況は、被害件数が8件(前年同期比1件減)、被害額が53万8千円(同35万2千円増)だった。

 県警によると、件数は減少したものの、今年は1件当たり500個や千個など大量に盗まれるケースもあり、被害額が増加したという。8件のうち、モモが4件、ブドウが2件だった。地域別では、福島、福島北、伊達各署管内など県北地方での被害が目立ったという。

 県警は、各署で防犯パトロールなどを展開し、被害防止に取り組む方針だ。