故人しのび秋彼岸 福島県内各地、家族連れら墓参り

 
台風の影響で小雨が降る中、雨具を着て墓前に手を合わせる人たち=20日、福島市・しのぶ霊園

 秋の彼岸入りした20日、福島県内各地の墓地では家族連れらが墓参りに訪れ、墓前に線香や花を手向けた。

 台風14号の影響と平日ということもあり、福島市内の各墓地は人影もまばらだった。しのぶ霊園を訪れた伊藤栄子さん(74)は雨具を着て墓前に手を合わせた。伊藤さんは「台風の影響も少なく、景色が見渡せて良かった」と話していた。