保険還付金名目でカード詐取、50万円被害 白河の80代女性

 

 20日午後9時ごろ、福島県白河市の80代女性から「キャッシュカード1枚をだまし取られた」などと白河署に相談があった。女性の口座から50万円が引き出されており、同署は「なりすまし詐欺」事件とみて調べている。

 同署によると、20日、女性方に白河市役所や金融機関の職員を名乗る男から「保険の還付金がある。キャッシュカードをポストに入れておいてください」などと電話があった。話を信じた女性は、自宅の郵便受けにキャッシュカードを置いたが、気が付いた時にはなくなっていた。

 女性は同署に相談し、口座を確認したところ、50万円が引き出されていたという。