ジェンダーレス制服、導入広がる 県内中高、女子もスラックス可

 
サンプルを見ながら「三中ブレザー」の色や形を決める生徒ら=郡山市

 女子がスラックスを選択できるなど、性別を問わずに着ることができる「ジェンダーレス制服」を導入する学校が福島県内でも徐々に増えてきた。中には生徒会が中心となってジェンダーレス制服の導入を検討する中学校もある。生徒たちが主体となって新制服の在り方を話し合うことで、多様性を認め合う意識が深まるきっかけにもなりそうだ。

 「上はブレザーで、下はスラックスがいいと思う」「いや、スカートをはきたい女子も男子もいるのでは」―。来年度から採用する新制服のデザインについて、郡山三中(郡山市)の生徒会役員らが活発な意見を交わしていた。

 新制服については、地域住民らでつくる学校評議員会でも検討課題となっており、男女で異なる制服に違和感を覚える生徒がいることも報告されていた。そのため、生徒の目線でどのような制服がいいのか考えようと、生徒会が中心となって動き出した。ジェンダーフリー制服にすることで、制服の値段の男女差が解消されるとともに、性別の異なるきょうだい間の「お下がり」に対応できる利点も生まれる。

 シルエット男女同一

 これまでの話し合いで、新制服は「三中ブレザー」と名付けた。ブレザーを採用する学校の女子用は、上半身は体にフィットし、ウエストラインから裾に向かって広がる「プリンセスライン」を採用するなど、男女でシルエットを変える学校もあるが、同校生徒会は男女同一のシルエットを採用する方針とした。男女で異なる「前合わせ」は、男女関係なく生徒自身が選べるような作りにする考えだ。詳しいデザインや色、素材は今後、生徒と保護者にアンケートを実施して決定するという。

 「自分らしさ大切に」

 同校生徒会長の大竹英(はな)さん(3年)は「今まで制服について意見を交わす機会がなく、男子が詰め襟に窮屈さを感じていることや、スカートをはきたくない女子がいることも知った」と新たな発見があったようだ。新制服は来年度から導入するため、自分たちは着ることはできないが、「新しい制服を着た新入生たちが三中の誇りと、自分らしさを大切にしてもらえればうれしい」と話す。

 県教委によると、ジェンダーレス制服は徐々に広がりを見せ、特に統合して誕生した高校などで男女統一デザインの制服を採用するケースが多いという。昨年度に統合した小名浜海星高や本年度に統合した相馬総合高では、女子生徒はスカートのほかスラックスも選択できる。中学で採用する動きも出てきており、郡山市教委によると、来年度は市内の10校ほどが採用する見込みという。

 ジェンダーレス制服導入に関して郡山三中の安田良一校長(59)は「制服を通し、『誰も取り残さない社会』について生徒たちが考えるきっかけになれば」と期待を込めた。(千葉あすか)

 男女分け見直す動き 福島大の前川准教授

 教育学や社会学が専門で、ジェンダー論に詳しい福島大の前川直哉准教授は「制服に限らず、学校内で男女分けを見直す動きが県内で広がっている」と話す。

 前川准教授によると、2000年代前半に県内の全公立高校が共学化されたことをきっかけに、性別分けをなくす動きが進んだ。生徒名簿はその一例で、現在ではほとんどの学校が男女混合名簿を採用しているという。ジェンダーフリー制服も今後ますます広がりを見せると予測する。

 ただ、制服の選択では、「カミングアウト」につながらないように配慮することが必要という。「学校は自分らしく生活できる場所であるべきで、改善する際は児童生徒の意見を反映させることが重要」とした上で、「この問題を教育現場だけの問題とせず、男女規範などの社会全体の問題として捉えて改善が進んでほしい」と話した。