赤くて大ぶり...イチジク収穫 いわき・四倉、ほんのりした甘さ

 
赤く色づき丁寧に収穫されるイチジク=いわき市四倉町

 秋の味覚イチジクの収穫作業が、いわき市四倉町で本格化している。

 とまとランドいわきのイチジク畑では従業員らが赤く色づいた大ぶりの実を丁寧にもぎ取り、収穫を行っている。

 栽培している品種「桝井ドーフィン」は主に生食用で、ほんのりした甘さと果肉の柔らかさで知られる。栽培担当の関淑江さん(66)は「果実の色と弾力を一つ一つ確かめている」と話す。

 ワイン煮やサラダなどにも使われるという。収穫したイチジクは、主にとまとランドいわきの直売所で販売される。