喜多方、西会津、北塩原の産品提供 ふるさと納税で共通返礼品

 
共通返礼品の提供で合意した(左から)遠藤村長、遠藤市長、薄町長

 喜多方、西会津、北塩原3市町村は、地元特産の野菜やラーメンなどを詰め合わせたふるさと納税の共通返礼品の提供を始めた。県によると、矢吹町と泉崎村がふるさと納税で共通の返礼品を提供しており、県内で2例目という。3市町村の「ふるさと納税ポータルサイト」で返礼品を申し込むことができる。

 3市町村は、それぞれの地場産品を組み合わせた共通返礼品の提供により、3市町村でつくる喜多方地方定住自立圏の物産品の振興と魅力発信に力を入れたい考えだ。返礼品は、季節ごとに旬の野菜を取りそろえた「会津発・季節の野菜だより」と、喜多方市のしょうゆと北塩原村の塩、西会津町のみそ味のラーメンを盛り込んだ「三味一帯 会津ラーメン味巡りセット」の2種類。

 共通返礼品の合意書調印式が12日、喜多方市の喜多方地方広域市町村圏組合で行われ、遠藤忠一市長と薄友喜町長、遠藤和夫村長が合意書に調印した。