スポーツボランティア集結 Jヴィレッジでサミット、意見を交換

 
トークショーを展開する大倉社長(左から2人目)ら

 東北地方のスポーツ大会などで活動するボランティアが集まる「東北スポーツボランティアサミット」は23日、Jヴィレッジで始まった。参加者は24日までの2日間、ボランティアの普及策やスポーツ振興などについて考える。

 ボランティアの意見交換や情報共有を目的に、NPO法人うつくしまスポーツルーターズが企画した。

 トークイベントでは「スポーツによる地域振興」をテーマに、サッカーJ3いわきFCを運営するいわきスポーツクラブの大倉智社長、J1川崎フロンターレタウンコミュニケーション部の天野春果部長、NPO法人クラップスの石河美奈代表理事らが、いわきFCの今後の発展などについて意見を交わした。

 天野部長はいわきFCに関して「サッカーに興味のない人をスタジアムに呼び込む取り組みが重要だ」と話し、石河代表理事は「エンターテインメントの面からチームを盛り上げるのも方法の一つだ」と提案した。

 大倉社長は「いわきならではの取り組みを考えていきたい」とした。

 同NPOで活動するボランティアなど、約40人が聞き入った。

 24日は浜通りを視察し、被災地の現状を確認する。