万博プレート「こんにちは」 福島でも交付、開催機運高まり期待

 
大阪・関西万博の開催を記念したナンバープレートを取り付ける職員=24日、福島市

 国土交通省は24日、2025年大阪・関西万博を記念した自動車用の図柄入りナンバープレートの交付を始めた。公式ロゴマーク入りで、開催まで3年を切った万博へ機運の高まりを期待する。

 料金は地域によって異なり、手数料を払うとモノトーンの通常版が交付され、さらに1台当たり1000円以上の寄付金を払えばフルカラー版を受け取れる。本県の交付手数料は、普通車が8190円、軽自動車が8250円、大型車が1万2770円。希望者はウェブサイト「図柄ナンバー申込サービス」を利用するか、自動車の販売店や整備工場に依頼する。

 福島市の東北運輸局福島運輸支局で24日、ナンバープレートのお披露目会が開かれた。有路仙之支局長は「東北の地でも、大阪・関西万博を盛り上げていきたい」とあいさつした。