ペットと一緒に避難 福島で防災訓練、ボランティアら手順確認

 
ペット同伴で行われた防災訓練=27日午後、福島市

 福島県福島市は27日、同市で災害時にペットと一緒に避難が可能な避難所の開設に向けた訓練を行い、ボランティアらが避難所開設の流れなどを確認した。

 市は昨年、市勤労青少年ホーム体育館に県内初となるペット同伴可能な避難所を開設した。訓練は、9月に避難所でペットの支援などを行う市動物愛護ボランティアが設置されたことを受け、初めて行われた。

 同ボランティアやペットを連れた近隣住民ら約15人が参加。ペットと避難者の受け入れや誘導など避難所運営の手順を確認した。協力した県獣医師会の河又淳副会長は「(訓練に)多くの人が参加して認知度が高まり、ペット同伴可能な避難所が増えてほしい」と話した。