福島県、新たに新型コロナ1538人感染 10月は2万796人確認

 

 県は1日、県内で新たに1538人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1日の感染者数が1500人を超えるのは9月8日の発表以来、54日ぶり。8日連続で前週の同じ曜日を上回るなど県内の感染状況が増加傾向にあることから、県は換気をはじめとする基本的な感染対策の徹底を呼びかけている。

 県内の感染確認は延べ20万8444人。232人が入院しており、病床使用率は30.5%と12日ぶりに30%を上回った。重症者は40日ぶりに1人確認された。228人が宿泊療養している。

 10月の感染確認は2万796人。10代が4166人(20.0%)と最も多く、40代が3311人(15.9%)、30代が2944人(14.2%)と続いた。全数把握の簡略化に伴い、詳細な分析はできていないものの、県は「年代を見ると、一定数は家庭内で感染していると考えられる」としている。クラスター(感染者集団)は35件で、内訳は高齢者施設が14件、医療機関と介護施設が各9件だった。

 1538人の医療機関の所在地別内訳は、郡山市300人、福島市260人、県北保健所管内169人、いわき市149人、県南保健所管内137人、会津保健所管内136人、県中保健所管内120人、相双保健所管内55人、南会津保健所管内19人。「県陽性者登録センター」は193人だった。

県内月別感染者数