年賀はがき販売始まる 福島中央郵便局、買い求める人たちの列

 
年賀はがきを買い求める人たち=1日午前、福島市・福島中央郵便局

 2023年用の年賀はがきの販売が1日、全国で始まった。福島市の福島中央郵便局では、干支(えと)のウサギが描かれた年賀はがきなどを買い求める人たちが列を作った。

 発行予定は22年用の約18億枚より約1割少ない約16億枚。絵入りや無地、広告付きなど複数の種類を販売する。このうち県北地方の郵便局では、桑折町産のモモをPRしている広告付き年賀はがきを取り扱う。

 福島中央郵便局の佐直明総務部長は「新年のあいさつを込めて、年賀はがきを通して温かな交流を深めてほしい」と話した。

 年賀はがきの受け付け開始は12月15日から。25日までに投函(とうかん)すれば元日に届くという。