郡山二、2年連続日本一 日本学校合奏コンクール・中学校の部

 
2年連続日本一に輝いた郡山二中 =郡山市・けんしん郡山文化センター

 第11回日本学校合奏コンクール全国大会グランドコンテストの最終日は6日、郡山市のけんしん郡山文化センターで中学校の部が行われ、郡山二(郡山市)が全国1位となる金賞の文部科学大臣賞を受賞した。同校の日本一は2年連続6度目。

 郡山二は交響曲第2番ホ短調作品27より第1楽章(ラフマニノフ作曲)を演奏した。部員56人が美しくも悲しい曲を感情豊かに披露し、観客をラフマニノフの世界に引き込んだ。

 「自分たちが感動する音楽を届ける」ことをテーマに練習に取り組んできた部員ら。子田修大部長(3年)は「納得のいく演奏ができた。本番はとても楽しく、あっという間だった」と笑顔で振り返った。本田あゆみ顧問は「練習してきたことを丁寧に演奏に乗せられた。力を出し切ってくれた生徒たちに感謝している」と話した。

 日本学校合奏コンクール委員会の主催。全国から県勢6校を含む27校が出場した。

 同コンクール全国大会ソロ&アンサンブルコンテストは19日に千葉市で開かれる。

 同校以外の県勢の成績次の通り。

 ▽銀賞=日和田、若松一、白沢、西郷二
 ▽銅賞=一箕