郡山北工高、平工高は入賞ならず パソコン甲子園

 

 全国の高校生、高専生がパソコンのプログラミング能力や情報処理技術を競う第20回全国高校パソコンコンクール「パソコン甲子園2022」の最終日は6日、会津若松市の会津大で開かれ、モバイル部門の本選競技と表彰式を行った。グランプリにはプログラミング部門が灘高(兵庫県)の「KobLa」、モバイル部門は灘高(同)の「エカチェリーナ2世」が輝いた。県勢の入賞はなかった。

 会津大、県、実行委の主催。県勢からはプログラミング部門に郡山北工高の「ん?」、モバイル部門に平工高の「孤独な放送室」が出場した。

 表彰式では、同大の宮崎敏明理事長らが受賞者に賞状や副賞を贈った。20周年記念講演会も開かれた。