参院選公示前、特定政党へ投票呼びかけ いわきの3人書類送検

 

 今夏の参院選で、公示前に特定の政党と候補者への投票を呼びかける文書を郵送したなどとして、県警がいわき市役所の退職者でつくる団体の会長ら3人を公職選挙法違反(文書頒布)の疑いで書類送検していたことが7日、複数の関係者への取材で分かった。関係者によると、会長は福島区検に略式起訴され、福島簡裁に罰金30万円を言い渡されて既に納付しているという。

 関係者によると、今夏の参院選の公示前に会長を含む3人が特定の政党と候補者への投票を呼びかける文書を会員約60人に郵送したなどとして書類送検されたという。会長は福島民友新聞社の取材に「選挙違反の認識はなかった」などと話した。