若松市職員、公金1.5億円超横領か 使途不明、長年繰り返し可能性

 
職員が1億5000万円を超える公金を横領した可能性があるとして調べている会津若松市の市役所仮庁舎

 会津若松市の公金に多額の使途不明金が見つかり、職員が横領した可能性があるとして、市が調査していることが8日、関係者への取材で分かった。関係者によると、使途不明金は1億5000万円を超えるとの情報がある。

 市は福島民友新聞社の取材に「現時点ではコメントできない」としているが、近く調査状況を発表するとみられる。

 関係者によると、この職員は数年間にわたり公金の横領を繰り返していた可能性があり、積み上げられた金額が1億5000万円を上回るもようだ。