皆既月食×惑星食...442年ぶり天体ショー 天文ファン夜空見上げ

 
満月が地球の影に隠れる皆既月食が各地で見られた。松川浦大橋の上空に浮かんだ月は午後6時9分から欠け始め、同7時16分には完全に影に覆われ、赤黒く変わった。天王星が月に隠れる「惑星食」もあった=相馬市、8日午後7時59分(多重露光・石井裕貴撮影)

 満月が地球の影にすっぽりと入る皆既月食が8日夜、国内各地で観測された。今回は天王星が月に隠れる「天王星食」も同時にあり、多くの天文ファンらが約442年ぶりとなる皆既月食と惑星食の共演を楽しもうと夜空を見上げた。県内では福島市や相馬市など各地で見られた。

 皆既食に先立ち、月の一部が欠けて見える「部分食」が午後6時9分に始まり、午後7時16分には月が完全に影に覆われた。天王星食が見られる時間は地域によって異なり、東京では午後8時40分ごろから40分間ほど、月の後ろに姿を消した。

 国立天文台によると、皆既月食中に惑星食が起こるのは1580年7月の「土星食」以来。次回は約322年後の2344年7月の土星食という。

皆既月食×惑星食

県内各地で見られた皆既月食。天王星(矢印)はこの後月に隠れた=8日午後8時30分、福島市