重体の中国籍男性も死亡、白河の国道4号 車両4台玉突き事故

 

 白河市飯沢山の国道4号下り線で9日夕に発生した中型トラックなど車両4台が絡み、女性1人が死亡した交通事故で、白河署は10日、意識不明の重体となっていた同市小田川子ハ清水、中国籍男性(21)が胸を強く打つなどして死亡したと発表した。9日に頭を強く打って亡くなったのは同所、中国籍、廃品回収業の女性(30)だった。

 同署によると、男性が中型トラックを運転し、女性は助手席に乗っていた。男性のトラックが車列の後ろにいた別の中型トラックに追突し、玉突き事故になったという。ほかの3台は渋滞で止まっていたとみられる。同署が原因を調べている。