「賠償時効なし」明記検討 東電、処理水放出に伴う風評で

 

 東電は処理水放出に伴う風評賠償について、時効を理由に賠償を打ち切らないとの旨を明記するかどうか検討する。「損害がある限り、最後まで賠償し、消滅時効を援用しないことを明記してほしい」との県市長会の小松信之事務局長の要請に応じた。

 東電は経営再建に向けた特別事業計画で、原発事故に伴う賠償請求について時効を理由に一律に断ることをしない旨を記載しており、放出による賠償でも同様の対応を取る方針。

 東電の高原一嘉復興本社代表は「東電の一方的な内容とならないよう、関係者の意見をいただきながら具体的な検討を進める」とした。東電は年内をめどに賠償基準を取りまとめる。