音楽に合わせ踊りや体操 郡山で「ふくしま元気UPプロジェクト」

 
元気いっぱいに体操する親子ら

 「ふくしま元気UPプロジェクト」は13日、郡山市の郡山カルチャーパークで開かれ、親子らが音楽に合わせて踊りや体操を楽しんだ。県の主催、福島民友新聞社の共催、県教委、県私立幼稚園・認定こども園連合会などの後援、認定NPO法人郡山ペップ子育てネットワークなどの協力。

 NHK・Eテレの子ども向け番組「おかあさんといっしょ」への楽曲提供、振り付け指導などを手がけるたにぞうさんが講師を務めた。約70人が参加し、たにぞうさんはギターを弾きながら「おかあさんといっしょ」でおなじみの「ブンバ・ボーン!」や「おひさまパワー」などの歌を披露。人気グループ「TRF」のSAMさんが振り付けを担当したダンス「空にはいつもほら太陽」も演奏し、参加者らは元気いっぱいに体を動かした。

 12月25日に南相馬、2月はいわきで開催

 同イベントは12月25日午前10時から相馬市総合福祉センターはまなす館、来年2月4日午前10時からいわき市平体育館でも開かれる。申し込みはホームページ「みんゆうnet」の「イベント」から「ふくしま元気UPプロジェクト」に進み、希望会場の応募フォームに必要事項を入力する。締め切りはいずれも開催日の2日前。問い合わせは福島民友新聞社東京支社内の同プロジェクト事務局(電話03・3563・5390)へ。