玉川で住宅2棟全焼、1遺体発見

 

 18日午後5時30分ごろ、玉川村北須釜字仏供田、会社員の男性(54)方から出火、木造2階建て住宅1棟と木造平屋の住宅1棟を全焼した。平屋住宅の焼け跡から1人の遺体が見つかった。石川署や須賀川地方消防本部によると、男性の父と連絡が取れていないという。ほかの家族は無事だった。

 同署が原因などを調べている。現場は福島空港から東に約800メートルの地域。