97歳運転の車、歩道突っ込み女性死亡 福島、直後に車3台に衝突

 
女性をはね、車などにも衝突した軽乗用車(右)=19日午後6時30分ごろ、福島市南矢野目

 19日午後4時45分ごろ、福島市南矢野目字西荒田の市道で、歩道を歩いていた同市八島田字八幡北の調理員の女性(42)が同市北沢又字樋越北の男性(97)の軽乗用車にはねられた。女性は頭などを強く打ち、搬送された病院で死亡した。軽乗用車は歩道に突っ込んだ後、車3台にも衝突し、4人がけがをした。男性も頭に軽傷を負った。

 福島北署などによると、男性の軽乗用車は歩道に進入し、女性をはねた後、市道で信号待ちをしていた車3台に次々に衝突し、歩道の樹木をなぎ倒した。3台のうち2台に乗っていた20代~100歳代の女性計4人も軽傷を負った。現場はイオン福島店の西側の市道。現場は片側1車線の直線道路で、事故当時は買い物客の車などで渋滞していたという。同署は、男性がブレーキとアクセルを踏み間違えた可能性もあるとみて原因を調べている。