運転手の97歳男を逮捕 福島、5人死傷事故

 

 福島市南矢野目字西荒田の市道で19日夕、歩道を歩いていた同市八島田の調理員の女性(42)が軽乗用車にはねられて死亡した事故で、福島北署は20日午前3時15分ごろ、自動車運転処罰法違反(過失致死)の疑いで軽乗用車を運転していた同市北沢又字樋越北の男(97)を逮捕した。

 逮捕容疑は、軽乗用車を運転して歩道に突っ込み、女性をはねて死亡させた疑い。

 同署などによると、男は車3台にも衝突し、3台のうち2台に乗っていた20代~100歳代の女性計4人も軽いけがをした。男も頭に軽傷を負った。

 同署は、男がブレーキとアクセルを踏み間違えた可能性もあるとみて原因を調べている。