97歳、車道と間違えたか...現場にブレーキ痕なく 福島暴走事故

 
送検のため、署員の手助けを受けながらワゴン車に乗る容疑者=21日午後0時45分ごろ、福島北署

 福島市南矢野目字西荒田の市道で19日に起きた交通死亡事故で、福島北署は自動車運転処罰法違反(過失致死)の疑いで逮捕した同市北沢又字樋越北の男(97)が歩道を車道と間違えて軽乗用車を運転していた可能性があるとみて調べていることが21日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、現場の状況などから、男の軽乗用車は歩道上を速度を出した状態で走行していたとみられる。同署は男に認知機能の低下や体の不調などの影響がなかったかどうかを調べる方針だ。同署は21日、男を送検した。

 逮捕容疑は、歩道にいた同市八島田字八幡北の調理員の女性(42)を軽乗用車ではね、死亡させた疑い。

 捜査関係者によると、男の軽乗用車が、車道から歩道に進入したのは現場の数十メートル手前とみられる。現場にブレーキ痕はなかったという。

 容疑者を送検

 送検のため福島北署を出た容疑者の男は、頭からジャンパーをかぶり、署員の手助けを受けて、ゆっくりとワゴン車に乗り込んだ。