福島県内は新たに3区間 JR東日本、乗客1日2000人未満路線

 

 JR東日本は24日、1キロ当たりの1日平均乗客数(輸送密度)が2000人未満だった路線が、2021年度は36路線72区間だったと明らかにした。新型コロナウイルス流行前の19年度(35路線66区間)から増加した。既に21年度の線区別収支や輸送密度を公表したJR北海道や西日本、四国、九州に続いて地方の利用低迷が浮き彫りとなり、路線存廃に関する議論の加速は避けられない状況だ。

 JR東日本は収入から支出を差し引いた収支について、35路線66区間のみを発表。21年度の赤字額の合計は約14億円減少し約679億円となった。増えた6区間の収支は公表しなかった。6区間は常磐線いわき―原ノ町、上越線越後湯沢―六日町、羽越線鶴岡―酒田、羽越線羽後本荘―秋田、磐越西線郡山―会津若松、磐越東線小野新町―郡山。

 只見線・坂下―川口間は9億1800万円赤字

 本県関係では水郡線、只見線、磐越西線、磐越東線の4路線9区間の収支が公表された。赤字額が最も大きかったのは只見線会津坂下―会津川口間の9億1800万円で、運輸収入が最も少なかったのは磐越西線野沢―津川間の700万円だった。

 営業費用に対する運輸収入の割合を示した収支率では、磐越西線野沢―津川間が公表された66区間のうち4番目に低い0.8%となるなど、本県の9区間はいずれも15%を下回った。

 1987年度の利用者数との比較では、磐越西線野沢―津川間が93%減となり、本県の9区間は50%以上の減少となった。

 公表区間は2019年度の実績を基にしているため、11年の新潟・福島豪雨により代行バスを運行していた只見線会津川口―只見間と、原発事故で不通区間のあった常磐線いわき―原ノ町間は除外されている。

4路線9区間の収支状況