42年の歴史に幕...東白川JCが12月末解散 会員数減少で運営困難に

 

 日本青年会議所(JC)は17日、東京都内で理事会を開き、東白川JCの退会が報告された。東白川JCは今月末で解散し、42年の歴史に幕を下ろす。

 東白川JCは1980(昭和55)年に設立。棚倉、矢祭、塙、鮫川、浅川の4町1村を活動エリアとしていた。近年は会員数が減少し、現在は3人で活動。運営が困難になっている現状を踏まえ、日本JCや日本JC東北地区福島ブロック協議会と協議し、解散を決めた。

 東白川JCの活動エリアについては、白河市や西白河郡を拠点に活動する白河JCが受け持つ。東白川JCの金沢和也理事長(35)は「解散してしまうのは非常に寂しい。OBや活動を支えてくれた人たちに感謝している」とした。