伊達、鳥インフル防疫措置が全て完了 飯舘の搬出制限も解除

 

 県は22日午前0時、伊達市の養鶏場で発生した県内1例目の高病原性鳥インフルエンザに伴って3キロ以内の1養鶏場に設定した移動制限と、飯舘村の養鶏場での県内2例目の発生を受けて3~10キロ以内の24養鶏場に設定した搬出制限をそれぞれ解除した。家禽(かきん)の移動などが可能になる。1例目は、防疫措置が全て完了した。

 いずれも清浄性確認検査や、区域内の農場からの報告で新たな異常が確認されなかったため。解除に伴って1例目の消毒ポイントだったJAふくしま未来保原営農センター資材置き場(伊達市)は閉鎖する。2例目の消毒ポイントは4カ所中3カ所を閉鎖、旧JAそうまいいたてミートプラザ(飯舘村)のみ稼働する。