年末年始、福島県3駅に無料検査場 新型コロナ、無症状者対象

 

 県は29日~来年1月9日、福島市のJR福島駅西口広場、郡山市のJR郡山駅東西自由通路、いわき市のJRいわき駅南北自由通路に新型コロナウイルスの臨時無料検査拠点を開設する。3カ所とも午前9時半~正午、午後1時半~同3時半に設け、1日の上限に達した時点で受け付けを終える。22日の県感染症対策本部員会議で示した。

 感染に不安のある無症状者が対象。県は帰省で高齢者や重症化リスクが高い人たちに会う前の利用を想定している。各拠点では抗原検査が行われる。検査の1日当たりの上限は、福島、郡山両駅会場は来年1月4~6日が100件、それ以外は120件。いわき駅会場は来年1月4~6日が80件、それ以外は100件。

 県は、無症状の県民向け無料検査の期間を延長し、来年1月31日までとするとも発表。207カ所で検査を受け付ける。今月24日~来年1月12日は県外在住者も無料検査を利用できるという。検査場所はインターネットから「福島県 無料検査事業者」で検索できる。