会津、きょうも大雪厳戒続く 交通障害や落雪に注意

 

 福島地方気象台によると、24日の県内は強い冬型の気圧配置の影響で、会津では大雪となる見込み。気象台は、交通障害や屋根からの落雪などに注意を呼びかけている。

 24日午後6時までに予想される24時間降雪量の最大は会津山沿いで70センチ、会津平地で50センチ、中通り山沿いで30センチ、中通り平地で10センチ。

 その後、25日午後6時までに予想される24時間降雪量の最大は会津山沿いで40~60センチ、会津平地で20~40センチ、中通り山沿いで10~20センチ、中通り平地で5~10センチ。

 JR東日本によると、大雪に備え、磐越西線は磐梯熱海―会津若松間と会津若松―喜多方間、只見線は会津坂下―大白川間で24日始発から午前中の運転を取りやめる。只見線会津坂下―大白川間は25日も大雪が見込まれるため、終日運休となる可能性がある。大雪に伴う代行バスでの輸送は行われない。

 JR東は最新の運行情報をホームページなどで確認するよう呼びかけている。