冬休み「楽しみ」 福島県内公立小中学校で2学期終業式

 
教室で担任から手渡された通知表を見る児童たち=23日午前、福島市・水原小

 県内の公立小中学校で23日、2学期の終業式が行われ、児童生徒が冬休みに入った。

 来年度に松川小と統合する福島市の水原小では新型コロナウイルス対策を講じて音楽室で式が行われ、菅野靖校長が「事故に遭わないよう気をつけてください。始業式に元気に会いましょう」と呼びかけた。

 児童たちは教室で通知表を受け、6年の大河伶緒君(12)は「歴史の勉強を頑張った。友達と遊ぶのが楽しみ」と笑顔。4年の加藤凪緒(なお)さん(9)は「統合先の学校で友達ができて良かった。宿題は早めに終わらせたい」と目標を語った。

 県教委によると、23日に終業式を行ったのは小中学校合わせ596校。始業式は柳津町を除く小中学校で来年1月10日に行われる。