国道289号田島バイパス全線開通 市街地の混雑解消期待

 
全線開通した国道289号田島バイパス

 県が南会津町に整備を進めていた国道289号田島バイパス(延長2.2キロ)は24日、全線開通した。

 現道路は商業施設が立ち並ぶ中心市街地を通り、混雑の解消が課題となっていた。県は田島バイパスの開通で、円滑な交通の確保のほか、県立南会津病院へのアクセス向上にもつながるとみている。

 2.2キロ区間はすでに2車線(片側1車線)で通行可能となっていた。県はこのうち東側の約1.7キロを4車線化した。

 午前10時から同町で予定していた開通式は、大雪の影響を考慮し中止した。