家人の80代男性か...焼け跡から1遺体 郡山で住宅など全焼

 

 郡山市喜久田町字菖蒲池で25日夜に発生した建物火災で、郡山北署は26日、出火したのは同市喜久田町字菖蒲池の男性(80)方で、焼け跡から性別不明の1人の遺体が見つかったと発表した。

 出火後、男性と連絡が取れていないことから、同署は遺体が男性とみて28日にも福島医大で司法解剖し、身元や死因の特定を進める。

 郡山地方消防本部によると、木造平屋住宅2棟と木造一部鉄骨造り2階建ての住宅兼倉庫、別の倉庫の計4棟を全焼し、近くの物販店と事務所兼倉庫の計2棟の壁なども焼いたという。

 同署によると、男性は息子と2人暮らし。出火当時、息子は外出中だった。住宅兼倉庫にも男女2人がいたが、逃げて無事だった。同署などは男性方の室内から出火したとみて、出火原因などを詳しく調べている。