福島県で新たに2703人感染、7人死亡 新型コロナ、月別最多更新

 

 福島県は28日、県内で新たに2703人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。今月の感染確認は27日時点で計6万8485人と、8月の6万6622人を上回り、月別の過去最多を更新した。

 また県は、新型コロナに感染し、県内の医療機関で療養中だった7人が亡くなったとも発表。内訳は60代男性1人、70代男性1人、80代の男性1人、女性2人、90歳以上の男女各1人。いずれも今月中旬ごろに亡くなった。県内の死者は計453人。

 県内の感染確認数は延べ33万7153人。重症1人を含む402人が入院しており、確保病床使用率は52.5%。316人が宿泊療養している。

 2703人の医療機関の所在地別内訳は、郡山市484人、いわき市428人、県中保健所管内348人、福島市301人、会津保健所管内233人、県北保健所管内159人、県南保健所管内151人、相双保健所管内115人、南会津保健所管内17人。「県陽性者登録センター」は467人だった。

 内堀雅雄知事は28日の県感染症対策本部員会議で、年末年始は雪による転倒や餅を喉に詰まらせることによる救急搬送が増加すると指摘。その上で「医療提供体制が厳しい状況の中、救急搬送や医療機関の受診がさらに難しくなる」とし、悪天候時や混雑する場所への外出は慎重に判断するなど、最大限の警戒を呼びかけた。