福島県で新型コロナ1937人感染

 

 県は30日、県内で新たに1937人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。前週の同じ曜日より583人少なく、14日続けて下回っているが、依然として高い水準にある。県内の感染確認は延べ34万1555人となった。

 重症1人を含む383人が入院しており、病床使用率は50.0%。327人が宿泊療養している。県は来年1月15日まで「県医療ひっ迫警報」を発令中で、医療機関の負荷を減らす取り組みと感染防止対策の徹底を呼びかけている。

 1937人の医療機関の所在地別内訳は郡山市355人、いわき市199人、県中保健所管内195人、福島市184人、会津保健所管内167人、県南保健所管内131人、県北保健所管内127人、相双保健所管内95人、南会津保健所管内8人。「県陽性者登録センター」は476人だった。