川崎市から若松に帰省中の男性、はねられ死亡

 

 30日午前8時15分ごろ、会津若松市一箕町松長の市道で、川崎市の会社員の男性(65)が会津若松市一箕町松長の会社員の男性(57)の乗用車にはねられた。川崎市の男性は全身を強く打ち、約2時間40分後に死亡が確認された。会津若松市の男性にけがはなかった。

 会津若松署によると、現場は一時停止のある丁字路交差点。右折した会津若松市の男性の乗用車が歩行中の川崎市の男性をはねた。当時、路面は一部凍結していた。川崎市の男性は同市の実家に帰省中だったという。

 同署が原因を詳しく調べている。