磐梯山、12月29日の火山性地震は431回 活発な活動続く

 

 火山活動が高まっている磐梯山について仙台管区気象台は30日、速報値で同日午前0時~午後3時に111回の火山性地震を観測したと発表した。29日は24時間で431回を観測。依然として多い状態で経過しているとしている。

 震源は山頂の北西2キロ、深さ2キロ付近と推定され、地震の規模や震源に大きな変化はない。火山性地震は1時間当たりおおむね10回以下で推移している。低周波地震や火山性微動は観測されておらず、地殻変動や監視カメラによる観測でも特段の変化はないという。

 気象台は今後さらに火山活動が高まれば、噴火警戒レベルを現状の最も低い1(活火山であることに留意)から2(火口周辺規制)に引き上げる可能性があると発表している。