親子らすいすい、ゲレンデに活気 猪苗代

 
家族連れらでにぎわうゲレンデ=31日午前、猪苗代町・リステルスキーファンタジア

 県内のスキー場は31日、年末年始の休みを利用するなどして県内外から訪れた家族連れなどでにぎわった。猪苗代町のリステルスキーファンタジアではスキーやスノーボードなど楽しむ親子らの歓声がゲレンデに響いた。

 同スキー場によると、新型コロナウイルスの行動制限がない今年は年末の降雪にも恵まれ、にぎわいが戻ったという。連泊して年越しする常連客もおり、3日ごろまでホテルの客室がほぼ満室となった。

 担当の高野弥寸志さん(60)は「このまま好調が続いてほしい」と話した。