路上で暴行、傷害容疑で福島市の男2人逮捕 けがの男性は死亡

 

 昨年12月31日未明に福島市置賜町の路上で20代男性がけがをして倒れていた事件で、福島署は1日午前、いずれも傷害の疑いで、同市の男2人を逮捕した。けがをして倒れていた男性は同市の病院に搬送されたが死亡した。同署は今後、司法解剖を行い、暴行と死亡の関係を調べる。

 2人の逮捕容疑は、昨年12月31日午前4時から同4時25分ごろの間、同市置賜町の「さんかく広場」付近の路上で男性の顔を素手で殴るなどの暴行を加え、頭部に皮下出血などのけがを負わせた疑い。いずれも容疑を認めているという。

 同署は1日、両容疑者を送検した。